住宅ローンを支払っている途中で三大疾病になってしまったら

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態で三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。申請した内容にがん保険が入っている場合もありますが、こちらから要請しないと出来ない場合もあるので注意しましょう。
但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、例として1年以上入院をされた場合に支払われるものもあります。
ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。
住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。
但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。それなのに、低い金利が続いている今の世の中では約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。
他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。
今後、住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方もどんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。
申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、気付いた今からでも申請可能か問い合わせてみましょう。
対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。
少なくても10年以上のローン期間がある事が条件となります。
これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。これから住宅ローンを組む予定のある方に、支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。
思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。
ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり場合によっては多かったり少ない時も考えられます。
そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。
どうしても何かあった場合に備えないという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

コメントは受け付けていません。

«

»

▲Pagetop