住宅ローンを組んで間もなく三大疾病にかかってしまったら

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態で三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。
契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、そうでないものもあるため、必ず確認が必要です。
またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。
一見高く見えるかもしれませんが、それほど大きな差は無いので何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。近々、マイホームを購入したいと考えている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。
他にも年齢や金額によって細かく決められているので、上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。
今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。
住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。購入する為にはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
金利は契約を結んだ月のものを採用します。諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。
住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの事をこなしていかないといけません。
一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく厳重に行われます。審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«

»

▲Pagetop